新型コロナウイルス感染症の発生に伴う貸付けについて

2020-03-12

ひとり親家庭及び寡婦の皆様へ

母子父子寡婦福祉資金貸付金(生活資金)のご案内
~新型コロナウイルス感染症関連~(PDF)

新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、子どもが在籍する保育所や学校等の臨時休業、事業所等の休業などにより、ひとり親家庭等の皆様の就業環境が変化し、一時的に就労収入が減少する場合、母子父子寡婦福祉資金貸付金の生活資金の貸付けをご利用いただけます。

●貸付対象者
1 ひとり親家庭の親となって7年未満の方で、

ア、子どもが在籍する保育所や学校等の臨時休業により、家庭で子どもをみるために仕事を休まざるを得ず、一時的に就労収入が減少する方

イ、事業所等の休業などにより、一時的に就労収入が減少する方

2 新型コロナウイルス感染症の発生により失業し、一時的に離職を余儀なくされる方

●貸付限度額
月額105,000 円
※上限内で就労収入の減少分に対する貸付けとなります。

●貸付利子等
無利子または年1.0%
※原則連帯保証人を必要とし、連帯保証人を立てられない場合は有利子となります。

●受付窓口
お住まいの市町村役場の母子父子寡婦福祉資金貸付金担当
※ 高知市にお住まいの方は、高知市が直接貸付けを行いますので、高知市役所こども未来部子育て給付課(TEL 088-823-9447)へお問い合わせください。

●その他
1 申請にあたっては、個々の状況によって必要書類が変わるため、まずはお住まいの市町村役場へご相談ください。

2 この貸付金の対象とならない場合であっても、高知県社会福祉協議会が実施する「生活福祉資金貸付制度」を利用できる場合があります。

高知県社会福祉協議会(2020年3月25日訂正)

Copyright(c) 2020 高知 ひとり親家庭等就業・自立支援センター All Rights Reserved.